Liberty Lesson

§

自由レッスン

総合ディレクター・花房太一によるレクチャー。今回のテーマ「自由風景」に関連する書籍を読みながらみなさんと一緒に「自由」について考えます。


■第一講「プラトン『国家』から芸術を考える』
・日時:2017年7月29日(土)18:30〜20:30
・場所:瀬戸内市中央公民館会議室(瀬戸内市邑久町尾張465番地1)
・予約:不要(現地に直接お越しください)
・内容
あらゆる思想の原点となるプラトンの『国家』。この中で、芸術は「模倣」に過ぎないとして否定的に言及されている。なぜ、プラトンは芸術を否定したのか。『国家』を読みながら考える。

■第二講「ミル『自由論』から幸福を考える』
・日時:2017年8月12日(土)18:30〜20:30
・場所:瀬戸内市中央公民館会議室(瀬戸内市邑久町尾張465番地1)
・予約:不要(現地に直接お越しください)
・内容
功利主義の名著『自由論』。最大多数の最大幸福という言葉はあまりにも有名だが、実際に『自由論』を読む機会はあまりない。原典を読みながら幸福について考える。

■第三講「ロールズ『正義論』から政治を考える』
・日時:2017年8月26日(土)18:30〜20:30
・場所:瀬戸内市中央公民館会議室(瀬戸内市邑久町尾張465番地1)
・予約:不要(現地に直接お越しください)
・内容
リベラリズムの理論的支柱となったロールズの『正義論』を読む。「無知のヴェール」や「格差原理」など、考える際のアイディアに溢れている。政治的アート(ポリティカル・アート)が全盛の現代において、必読の本である。

講師
花房太一
1983年岡山県生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒業、東京大学大学院(文化資源学)修了。牛窓・亜細亜藝術交流祭・総合ディレクター、S-HOUSEミュージアム・アートディレクター。その他、108回の連続展示企画「失敗工房」、ネット番組「hanapusaTV」、飯盛希との批評家ユニット「東京不道徳批評」など、従来の美術批評家の枠にとどまらない多様な活動を展開。個人ウェブサイト:hanapusa.com


■第0講「自由レッスン Liberty Lesson」
第0講の動画は以下からご覧頂けます。